FC2ブログ
プロフィール

鯖江中学校給食

Author:鯖江中学校給食

カテゴリ

給食 (1250)
お知らせ (1)
未分類 (18)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問ありがとうございます

04 | 2019/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
学校給食の写真をアップしていきます
5月31日(金)
20190531.jpg
今日の給食は
春雨スープ
鶏肉のスパイス焼き
プチトマト
刻み昆布煮
れんこんの金平
肉シューマイです。


今日は「蓮根の金平」のレンコンについてお話します。
漢字で「蓮(はす)の根」と書くように、レンコンは、
蓮の地下茎の肥大した部分を言います。レンコンに
必ずある穴。この穴は地中から葉までずっと繋がって
おり、地上の葉から地中へ空気の通り道の役割を
果たしているのです。この穴が空いていることから
「先が見通せる」と昔からおせち料理やお祝い事には
欠かせない食べ物となりました。レンコンにはビタミンCが
豊富に含まれており、その量はみかんの1.5倍とも言われて
います。レンコンにはでんぷんが多く含まれているので、
熱に弱いビタミンCもでんぷんが守ってくれ、多く残って
くれます。たんぱく質と一緒にとることで、美肌効果や
抗がん作用がアップします。
また、野菜では珍しく貧血予防の出来るビタミンB1、B2を
多く含んでいるところにも注目です。消化を助ける食物繊維も
多いので、疲れた胃に優しい野菜とも言えます。





[2019/05/31 10:40] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月30日(木)
20190530.jpg
今日の給食は
味噌汁(薄揚げ)
ホキの唐揚げ
焼きウィンナー
田舎煮
小松菜のゴマ和え
黄桃缶です。

今日は「人参」についてお話しします。人参の
皮には、栄養がいちばん多くふくまれています。
しかし、クチクラ層と呼ばれる皮の下層の部分には、
農薬もたまりやすいといわれています。
人参は土のなかでできるので、農薬がかかることは
比較的少ないのですが、料理のまえには、人参を
ごしごしとよく洗い、皮を包丁の背でこそげとりましょう。
人参がきらいだという人も多いようですが、緑黄色野菜
といって、体の中でビタミンAに変わるカロテンをたくさん
含んでいる栄養豊富な野菜です。
みなさんも残さず食べましょう。


[2019/05/30 12:32] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月28日(火)
20190528.jpg
今日の給食は
けんちん汁
鶏肉の照り焼き
プチトマト
プチグラタン
切干大根のじゃこ和え
枝豆サラダ
(コーンクリームドレッシング和え)です。

地場産食材は大野里芋です。

今日は野菜の色についてお話します。
野菜の色素には、生活習慣病の予防を
はじめ様々な効果があることが明らかに
なっています。しかし、それぞれの色素に
よって、栄養を効率的に摂るための方法は
異なります。たとえば、人参やかぼちゃなどの
赤色や黄色の野菜は、「リコピン」や「カロテン」
という色素が含まれています。この色素は、熱に
強いため火を加えてもこわれにくく油と一緒に
摂ると吸収率がアップします。
ほうれん草や小松菜などの緑色の野菜は
「クロロフィル」という色素が含まれています。
この色素は熱と酸の組み合わせに弱いので、
お酢やレモンと一緒に食べると、栄養の吸収力も
ダウンしてしまいます。さっと茹でて食べましょう。
ナスやレッドキャベツなどの紫色の野菜は
「アントシアニン」という色素が含まれています。
この色素は熱には強いのですが、水に溶ける
性質があります。ナスは茹でたり蒸すよりも、
炒めたり焼いたりする調理法が多いのは
このためなのですね。
このように、色々な調理法によって栄養素の
吸収率は変わってきます。みなさんもこれから
色と調理法を意識してみてください。


[2019/05/28 11:25] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月27日(月)
20190527.jpg
今日の給食は
すまし汁(豆腐)
エビフライ 2本
一食タルタルソース
ボイルキャベツ
マカロニナポリタン
胡瓜のサラダ
(青しそドレッシング和え)
ちくわとインゲンの甘辛煮です。


今日は「ボイルキャベツ」の「キャベツ」に
ついてお話します。
キャベツはギリシャ時代に薬として、ローマ時代
に保健食として食べられていた野菜です。日本へは
江戸時代にオランダ人によって伝えられました。
野菜として普及したのは、明治になってからです。
キャベツという名は英語名のキャベジ(頭の形をした
野菜の意)がなまったものです。キャベツにはビタミンCが
多く、大きめの葉1枚食べれば一日の必要量の70%を
摂ることができます。
キャベツは血液を凝固させ、骨を強くして骨粗鬆症を防ぐ
作用のあるビタミンKを含みます。また、抗潰瘍作用があり、
キャべジンと呼ばれるビタミンUが、胃・十二指腸潰瘍の
予防や治療に効果を発揮します。また、ビタミンU・Kは
痛風の発作の予防にも効果があるとされています。硫黄・
塩素などのミネラルも含んでいて、胃腸内で、消化・吸収を
助け、消化不良によるむかつきを防いでくれます。

[2019/05/27 10:57] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月24日(金)
20190524.jpg
今日の給食は
野菜スープ
カレーコロッケ
プチトマト
糸こんにゃくのそぼろ煮
キャベツソテー
インゲンおかか和えです。


野菜を効率よく食べるにはどうしたら
いいでしょうか。
日本人の野菜の消費量は、確実に減り
続けてきています。ヘルシーなダイエット
メニューとして真っ先にサラダが紹介される
のに、そのわりにはかえって野菜を食べなく
なってしまっているのはなぜでしょうか?
その理由のひとつは生で野菜を食べようと
しすぎるからではないでしょうか。たとえば
ほうれん草を100グラム生でとろうとしたら、
何皿もお代わりしなければなりません。しかし、
サッとゆでてお浸しにすれば、ぐっとカサが減り
100グラムぐらいは簡単に食べられます。
もちろん生野菜でとるのが望ましい栄養素もありますが、
量をたくさん食べたければ、適度に加熱して浅漬けなど
にするのが断然おすすめです。お浸しや煮物、漬物や
塩もみ、酢の物といった日本の伝統的な食生活が
効果的です。日本食には、野菜をたくさん食べて
美容と健康を取り戻すヒントが隠されています。
[2019/05/24 11:07] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>