fc2ブログ
プロフィール

鯖江中学校給食

Author:鯖江中学校給食

カテゴリ

給食 (2095)
お知らせ (2)
未分類 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問ありがとうございます

04 | 2024/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
学校給食の写真をアップしていきます
5月10日(金)
20240510.jpg

今日の給食は
けんちん汁(筍入り)
鮭の西京焼き
かぼちゃ天
小松菜とかまぼこの地辛し和え
つくね串です。

*五大栄養素「ビタミン・無機質」

みなさんは「ビタミン」「無機質」といってどんなものを思い浮かべますか?
栄養ドリンクなどで「ビタミンC1000mg」などと書いてあると体によさそうとは思いますが、体内のどこで使われているのか分かりにくいですよね。
ビタミンは、直接わたしたちのエネルギーになったりはしませんが、他の栄養素がうまく働くために助けてくれる働きがあります。
例えば、肌を作るたんぱく質のコラーゲンを作るときにもビタミンが必要です。

無機質もビタミンと同じように身体の機能を維持していくのに必要な成分です。骨や血液をつくったり、いらないものを排出したりする働きがあります
ビタミンは緑黄色野菜や果物に、無機質は海藻やきのこ類、乳製品に多く含まれています。
どちらも体内で、ほとんどつくることが出来きないため、毎日摂りたい栄養素です。
先週から話してきた五大栄養素のどれも必要以上に摂りすぎたり、逆に不足すると体に不調を及ぼす場合があります。
毎日、3食の食事でバランスよく食べるように心がけることが大切です。

[2024/05/10 10:14] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月9日(木)
20240509.jpg

今日の給食は
コンソメスープ
鶏肉の竜田揚げ 2個
薬味ソースだれ
ブロッコリーサラダ
茎わかめの炒り煮
プチトマトです。

*五大栄養素「たんぱく質」

今日は、五大栄養素のひとつ「たんぱく質」ついてお話します。
わたしたちの体の筋肉、内臓など体を作るものはたんぱく質からできています。
これらは日々の新陳代謝によってつくりかえられており、良質なたんぱく質を毎日摂ることが必要です。
たんぱく質は20種類のアミノ酸の中から様々な組み合わせでくさり状に繋がって出来ていて、そのおかげで人間の体の複雑な働きを維持することができます。特に、わたしたちの体内でつくることの出来ない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」(ひっすアミノさん)と呼び、常に食事から摂らなくてはいけません。
みなさんのような成長期には肉、魚、卵、大豆などの良質なたんぱく質がたくさん必要です。
身長を伸ばすために必要なカルシウムもたんぱく質の骨組みがなければ丈夫な「骨」にはなりません。
好き嫌いをせずに、色々なものを食べるように心がけましょう。

[2024/05/09 10:15] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月8日(水)
20240508.jpg

今日の給食は
醤油ラーメンスープ
野菜炒め
ラーメン
ゆで卵煮
春巻きです。

*五大栄養素「脂質」

昨日に引き続き、今日は五大栄養素の「脂質」についてお話します。
脂質とは、その名の通り「あぶら」です。車を走らせるのにガソリンが必要なようにわたしたちの体を動かすのにも体の中で熱をつくるエネルギーが必要になります。
昨日に話した「炭水化物」と明日話す予定の「たんぱく質」のエネルギーは1gあたり4キロカロリーですが、脂質は1gあたり9キロカロリーとほぼ倍の力を持っています。
脂質はエネルギーになる他に、肌を乾燥から守ったり、細胞の膜になるなどの働きがあります。
とくに青魚や大豆やゴマなどの植物に含まれる油には、血液の流れをサラサラにして病気を予防する効果もあります。
現代はファーストフードやスナック菓子など油をたくさん使ったものがあふれています。最近は「食べるラー油」などの調味料によって思っている以上に油を摂りすぎてしまう場合があります。
倍の力をもっている油をたくさん食べても、消費しなければ脂肪として残っていき、肥満や生活習慣病などの病気につながるので、摂りすぎないよう、適度な量を心がけましょう。

[2024/05/08 10:19] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月7日(火)
20240507.jpg

今日の給食は
ミネストローネ
メンチカツソースかけ
スパゲティーソテー「ペペロンチーノ」
高野豆腐の旨煮
みかん缶です。

*五大栄養素「炭水化物」

今日からは五大栄養素のお話しをしたいと思います。
わたしたち人間の体をつくるにはたくさんの栄養が必要です。
特に重要な炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルの5つの栄養を「五大栄養素」と言います。
まず今日は「炭水化物」です。
炭水化物はご飯、麺、いも類など主食になるものに多く含まれています。
人が活動するのに必要なエネルギーの約60%を閉める重要な栄養のひとつです。
ご飯や麺、いも類に含まれる でんぷんや糖分が消化・吸収されて「ブドウ糖」になり、「体を動かす」、「考える」といったエネルギーになります。
特に脳はこのブドウ糖だけがエネルギー源なので、朝ごはんを食べなかったり、ご飯を抜く無理なダイエットをしたりすると、考えて行動するという力が出なくなってしまいます。
また炭水化物には、同じエネルギー源として使われる たんぱく質や脂質と比べると、すばやく使えるという特徴があります。
運動量の多いサッカー選手や、瞬発力が必要な短距離走の選手は、試合の前にはおにぎりや麺類などを食べて、すぐにエネルギーとして使えるようにしています。

[2024/05/07 10:18] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月2日(木)
20240502.jpg

今日の給食は
味噌汁(キャベツ)
エビフライ 2尾(エビ含む)
厚揚げと鶏肉の煮物
マカロニツナサラダ
大根のおかか和え
柏餅です。

*「端午の節句」


みなさんが楽しみにしているゴールデンウイーク期間に入りました。
三日後の子どもの日は「端午の節句(たんごのせっく)」と言い、鯉のぼりや兜を飾って男の子の成長をお祝いする日です。
もともとは中国で奇数が重なる日に、災いや病気を追い払う儀式を行う日を「節句」と言い、5月5日は蓮(はす)や菖蒲(しょうぶ)の葉を使って厄除けをしていたそうです。
それが日本へと伝わり、鎌倉時代のころに武士たちの間で菖蒲が勝ち負けの「勝負」と同じ読みであることや、葉の形が刀に似ていることから、男の子の成長を祈る儀式へと変化してきました。
こどもの日に食べるものと言えば「かしわ餅」がありますね。
かしわの葉っぱは、新しい芽が出るまで古い葉が落ちないことから家系が絶えない、子孫繁栄の象徴とされ、お祝いのお餅を包んで食べるようになったのが始まりと言われています。
今日の給食にもかしわ餅が付いています。柏餅はのどにつまりやすいので、食べる時、お茶を一口のんでから、ゆっくりと食べてくださいね。
少し早いですがみなさんの健康と、これからの成長をお祝いしましょう。

[2024/05/02 10:11] | 給食 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>